前へ
次へ

歯医者についてのお話

好んで行く人はあまりいないであろう歯医者ですが、今やコンビニより数が多いといわれています。歯医者と言われると、虫歯であったり親不知の抜歯であったり、何かトラブルがあったときに行くところだというイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。しかし実際には、それらのトラブルを「予防」することが歯医者の大きな役割でもあるのです。口の健康を保つために、多くの歯科医院では歯科検診や相談を行っています。専門家に虫歯や歯茎のチェックをしてもらうことで、自分では気が付かなかった口のトラブルが見つかるかもしれません。また、発見が初期であれば治療も短期間で簡単に済むものが多くあります。特に何のトラブルもなくても、クリーニングをしてもらうことが口の中の健康にはとても重要です。食事などが原因で付着する歯垢は、どんなに丁寧にブラッシングをしていても完全にとり切ることは出来ません。この歯垢は段々固まっていき、歯石となります。歯石は歯周病をはじめとして様々な口内トラブルの原因になりますが、自分で取り除くことは困難です。そのため、定期的に歯医者に行って綺麗にしてもらうことが大切です。

Page Top