前へ
次へ

歯医者における歯磨き指導

歯医者に行くことは虫歯や口腔内のトラブルの解消だけでなく、トラブルにならないための予防もあります。歯に関するプロであることから、アドバイスは的確で分かりやすいです。定期検診では普段の歯磨きに関するアドバイスを受けることができました。まずは磨き残しのチェックを行います。歯に特殊な溶液を塗ると、磨き残しの部分だけ色が付きます。そこから各個人の歯磨きの癖を把握して、適切な歯磨きの指導が行われます。磨き残しが多い部位として歯の根本が挙げられます。その部位をどのように磨けば良いか、また向いている歯ブラシの紹介がありました。歯磨きは日常的に行っているものですが、正しい方法であるかを知る機会は滅多にありません。そういった意味でも歯医者において指導を受けることは有意義と言えます。なお、歯磨きをすれば完璧と言うことではなく、やはり定期的な検診を受診して磨き残しを除去することが口腔内のトラブルの予防において重要です。

Page Top